冬こそキャンプ!冬キャンプがお勧めな5つの理由

アウトドア

こんにちは暑い夏が終わり朝夕は肌寒くなってきたこの季節、キャンプが最も楽しくそして快適なシーズンがやってきました、今回は冬キャンプが魅力的!冬キャンプをお勧めする理由を紹介します。

冬キャンプの5つの魅力ポイント 冬キャンプのメリット

星空がきれい

夏と違い冬は空気が澄んでいてとても星空が綺麗なんです。普段の生活あまり空を眺めることなんて無いですよね、たまにふと夜空を見上げて星綺麗だなと思うことはあるかもしれませんが、
周りに明かりの少ないキャンプ場、本当に星がたくさん、そしてきれいに見えるんです。
星空を眺めながらゆっくりホットコーヒーを飲む時間は幸せです。

2017北海道ツーリング  星に手のとどく丘キャンプ場

2017年北海道ツーリング 星に手のとどく丘キャンプ場 の記事はこちら

虫がいない

キャンプ、外で過ごすのだから虫は仕方ない、と思いでしょうが、虫嫌いな方、がキャンプを嫌う理由が結構、この虫がいるから嫌だ、と言う方多いと思います、しかし冬はそんな心配がありません、虫が本当にいないんです。
正直な話、夏場は、蚊をはじめとする、蛾、蚋、蟻、そしてみたくはないがGも、、、、なので蚊帳やメッシューシェルターが必須になるわけです。しかしそんな心配は無用、虫に遭遇することがほとんどなくなります。

暑くない

真夏のキャンプ微動だにせず薄着で扇風機にあたっているだけで汗をかきます、そして、朝、太陽が昇り暑さで目が覚め、気付けばテントが蒸し風呂なんてこともあります、しかし冬のキャンプは汗をかくことも少なく、キャンプ場によってはお風呂の無いキャンプ場もあるので汗をかいて寝る不快感もありません。

まぁ、冬なんだから当たり前、寒いですね、寒いのが苦手な方、わざわざ寒いのに極寒の山奥のキャンプ場や雪中キャンプなどあり得ないと思いですね、そういう方はご自宅でぬくぬくしていてください(笑)
夏の暑いのは脱いでも扇風機を回しても、暑いです、、しかし、冬キャンプは暖を取る方法がいくらでもあり、着込むことで寒さを解消することもできます、そして、便利なカイロも使用することで快適にキャンプライフを楽しむこともできるんです。

暖を取るのが楽しい(焚火、ストーブ)

夏のキャンプでは焚火暑いですね、しかし冬のキャンプでは暖を取る有効な手段、焚火を囲んで星空眺めて、夏の焚火も楽しいですが、やっぱり暖を取る冬のキャンプはいいですね、夏の焚火は正直暑いだけですし、、調理するために焚火はしますが暖を取りたいとは思いませんしね
そして石油ストーブや薪ストーブと言ったキャンプギアを選び使用するのも楽しいです。

 

冬のキャンプを快適に過ごす暖房そしてコツの記事はこちら

人が少ない

やっぱりキャンプシーズンは春か秋、そして、キャンプをあまりしない方にとっては夏のイメージを持たれるかもしれません、なので冬にキャンプをしている方は装備も気軽にそろえれる装備でもないですし、マニアックな方が多いのかも、なのでキャンプ場が空いているんです。
春先の桜のシーズンや秋の夜が涼しくなってきた季節は人気キャンプ場はお祭り騒ぎ、都会を離れ静かに過ごしたいって方には冬キャンプはお勧めです。

雪中キャンプ

使用テント サーカスTC 関連記事サーカスTCDXレビューの記事はこちら

冬キャンプのデメリット

冬キャンプのデメリットがあります、

装備が軽装ではいけない

夏の様に軽装でキャンプに行くと後悔します、寒いです、凍えます、場所によっては最悪、、などもあり得ます
冬キャンプはやはり装備品が増え、夏キャンプは車の荷台スペースだけで収まっていた装備も、後部座席まで占領することになります。

夏キャンプ装備
冬キャンプに向けて薪の準備

寝袋が高い

夏キャンプではタオルケットやちょっとしたブランケットなどで寝てればそれなりに寝れますが、冬のキャンプはちゃんとした装備出ないと寒くて目が覚める、震える、などあり得ます。
しかし温かさとコンパクトさはピカ一!冬でも汗をかくほどの温かさのナンガの寝袋ですね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました