ハイランダー Aフレームテントが魅力的

アウトドア

ワンポールテントの宿命、中央にあるポール、ちょっと邪魔な時もありますよね、そんなわずらわしさから解放される、そんなテントがAフレームテント
そんなAフレームテントが純正であるんです!

TC素材のテントが熱い!お勧めTC素材テント5選!の記事はこちら

ハイランダー A型フレーム ネヴィスTC

 

Aフレームとはなにか

通常のワンポールテントならテント中央にポールを立ててテントを張るのですがAフレームはセンターにポールがなく、天井からアルファベットの”A”の様に左右二本にポールを分割しテントを支えている構造のテントです、

出典:Hilander

Aフレームの長所

なんといっても真ん中のポールが無いので中心部分までスペースを有効活用でき、広く使うことができます。
正直ワンポールテントのセンターポールはあまり使い道がなく、周辺にデットスペースが生まれがち、そのため真ん中に穴の開いたテーブルが売られていたりするぐらいです、
現在ワンポールテントを使っていますがちょっと邪魔だと思うこともしばしば、
多くの方がAフレーム化をしている方もいます。

Aフレームの短所

メリットが大きすぎて短所はあまりに気にならないかもしれませんが、
やはりポールが2本に増えるのでテント総重量が重くなるのは仕方ありません、
そして、ワンポールテントの長所でもある、設営の簡単なところ、これはAフレームになるとちょっと手間が増えるので設営にも時間がかかると思われます。
しかしそれ以上にテント内居住空間の広さに驚くことと思います。

出典:Hilander

スペック

  • ・本体サイズ:330×330×250cm
  • ・収納サイズ:約70×25×24cm
  • ・本体生地:ポリエステル65%、コットン35%
  • ・ポール素材:φ22mmスチール
  • ・重量:約10kg
  • ・付属品:ポール、ペグ、ガイロープ ※インナーテントは付属しません。
  • ・価格:29,800円(税込)

サーカスTCよりか一回り小さめサーカスtcが420cmだったので100cmほど小さいですね
なのでこのテントはソロ、もしくは2人が限界ではないでしょうか、ソロでも寂しさを感じないちょうどいい大きさかもしれません、ハイランダーHPには3人用、子供が小さければ4人可能と書かれていますが、ちょっときついかも、大きさの割に少し重たい気もします、やはりAフレームだから仕方ないかな

出典:Hilander

写真を見た感じ、1名+ちょっとしたキャンプ道具でいっぱいという感じですね、2名でも厳しいかもしれません、確かにこの大きさだとワンポールにすると真ん中のポールが邪魔で仕方ないかも、Aフレームだからこそいい大きさかもしれません。

そして値段が安い29,800円(税込) 9月30日現在ハイランダーホームページにて記載があります!サーカスTCに比べて1万円やすいですね、

 

カラーがかわいい

乳白色と言いましょうか、とても明るく、おしゃれなカラーですね、無骨なキャンプと言うよりかおしゃれなキャンプと言う感じですね、

出典:Hilander

青い芝と木陰が似合うとてもかわいいテントですね、

まとめ

テント内も広々使えるAフレーム、
気になる部分は、大きさ、サーカスtcやその他ワンポールテントに比べ、直径が1mほど小さめ、テントの形、サーカスtcが5角形ですが、この ネヴィスTC は8角形、設営までに地面に8本のペグを刺す必要があります、そして、ガイドロープの固定でもう8本合計16本ものペグを刺さなければならずちょっとしんどいかな、、
サーカスtcはテントに5本、ガイドロープに5本なので計10本、1.5倍違いますね、
そして、Aフレームのポールの組み立てと設営の手間は少し多そう、しかし可愛いカラーと室内の広さはとても魅力的なテントだと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました