夏キャンプ~ハンモック泊in三国公園鳥羽キャンプ場

キャンプ

夏の暑さにやられて、キャンプにすら行く気力失せているこの頃、久しぶりにキャンプへ行くことにしました、夏は暑いので涼しくハンモック泊に、

三国公園鳥羽キャンプ場

〒679-1322 兵庫県多可郡多可町加美区鳥羽 (MAP)

兵庫県の真ん中らへんにあるのどかな川沿いのキャンプ場、予約、受付などは隣にある道の駅会計カウンタで行う、1日10組限定の小さなキャンプ場だ。

仕事を午前中で切り上げ、さっそくキャンプ場へ向かう、車では1時間ほど、やや遠いがトイレがきれい、水場がある、ということでこのキャンプ場へ、道路の真横にあるキャンプ場だが、夜の交通量は少ないので、騒音も少なく大変過ごしやすいキャンプ場

設営

暑いのと、ハンモック泊が目的なので木の木陰でキャンプを張りたい、このキャンプ場は大きな広場もあり、いい感じで木陰の木があるスペースもある、友人と二人でのキャンプがだちょうどいい感じに木の間に場所をとることができた。

配置やら、道具やら若干のかぶりはあるものの、、どうしても友人と道具がかぶりがち
僕のハンモックは左です。

やはり夏のキャンプでは蚊取り線香と扇風機は欠かせない、、
夏キャンプで扇風機はマキタの扇風機、風量調節もでき風量も強く、タイマーや首振り機能がついているのでかなり便利だ、少し値は張るものの、マキタの扇風機がおすすめです
マキタ扇風機の記事はこちら

ハンモック泊のいいところ

ハンモック泊の素晴らしいところは設営、片付けが素早く行え、尚且つ、荷物が少なくコンパクトなところだそして、上と下両方に風が通りとても快適に過ごすことができる。
ただ一つ難点を上げると、寝がえりが打ちづらく、横向きにも寝づらい、

準備が終わったら早速、今日のキャンプ飯にしようと思います。
キャンプ飯の前に飲み物の準備、キャンプに来たときはちょっと贅沢にライムを使ってカクテルに
持参したお酒は、PEAKS 9月号の付録、ミニスキットルを使用しました。
付録ミニスキットルの紹介記事はこちら

キャンプ飯の前に飲み物、夏はやっぱりキンキンに冷えた飲み物が飲みたい、氷必須です、コンビニでロックアイスを買って、クーラーボックスに入れていたのですが、やはりクーラーボックスとはいえ翌日暑いと溶けます最近重宝しているのがこのスタンレーのグロウラー
容量が1.89Lもあり、コンビニのロックアイスがほぼ一袋入ります、コップ1杯分は入らないので即使用する。

サイズ感も、デザインもカッコよくとても気に入っている。氷も1日なんて余裕で保てる、カタログスペック4日も氷を保つことができた、4日持つなんて信じられなかったので独自の実験を行ったら4日以上氷を保つことができてしまった、そんな高性能魔法瓶のグロウラーの記事はこちら

今日のキャンプ飯

夏のキャンプは何もしなくても”暑い!”じっとしているだけでも暑いぐらいだ、、
焚火を楽しむ、、なんて余裕もない、できれば焚火からは遠ざかりたいぐらいですね。。
夏は涼しく手抜き料理でちゃちゃっと作ります。

最近はまっているのがこれです、混ぜて会えるだけで簡単美味い!

粉を入れて、ごま油と混ぜる、そしてきゅうりとあえるだけ、居酒屋のたたきキュウリの味に、、簡単すぎて、そして病みつきになる、めっちゃうまいんです、夏はさっぱりとさぼり料理いかがですか、まだまだ続きますさぼり料理、

続いては、カツオのタタキ、鶏のタタキ、

タタキだらけ、そして、まだ火を一度も使っていない(笑)キャンプに来て居酒屋メニューを楽しんでいる(笑)
そしてメインはこのキャンプ完全に料理する気が起きず居酒屋、、

焼き鳥っ!!!

腹いっぱいになた、、全く凝った料理はしていないが夏はこんなもんでいいかな、、冬になったら時間をかけて煮込んだりしたいもんですね、、

デザート

コメント

タイトルとURLをコピーしました