九州ツーリング3日目 ついにソロツーリング

2018年 九州ツーリング

九州上陸3日目、
1日目の午前中に九州の方と合流し午後に関東の方と合流し3人でツーリングをし、昨日九州の方とはお別れをし、ついに、今日朝、関東の方ともお別れをすることとなりました、、ついにソロツーリングになってしまいました。

というわけでの九州ソロツー今日のルート

ここ日は本当によく走った走行合計266キロ

高千穂峡を目指す

高千穂入り口では独特のマスコット秋田のナマハゲを想像するようなキャラクターがお出迎え

そしてしばらく走ると道の駅ならぬトンネルの駅というものを見つけたので少し寄り道

トンネルの駅

〒882-1412 宮崎県西臼杵郡高千穂町下野2221−2(MAP)

お酒を寝かすために作られたトンネルの様ですが、トンネル内は独特な匂いが立ち込めており観光スポットとしてもちょい弱い感じがします、トンネル入り口から樽が並んでいるのが見えてトンネル内も入れるのは50Mほど、見えている範囲で終わり、そして、おみやげ物屋さんはあるものの、地域の野菜や果物、そしてドライフルーツが量り売りされている程度で特には興味をそそるものはありませんでした。スルーしてもいいかもしれません。

道の駅高千穂

〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1296−5(MAP)

とても小さな道の駅、地域の売店のような感じ

天鈿女命

ちょっと不思議なモニュメントがありました、

休憩をしていざ高千穂峡 へ

道の駅高千穂から走ること10分ほど

高千穂峡

〒882-1103 宮崎県西臼杵郡高千穂町向山(MAP)

断崖絶壁の間を流れる川、かなり綺麗でした、山間の谷にある観光地なので、主要道路から観光地までかなりの急な坂道を下ります。

人気観光地、平日なのに駐車場は満車で車だとかなり遠い駐車場を指定されている
バイクは込み合っている観光地に行ってもほとんどの場合入り口近くや遠くない場所に通されるのでその面ではかなりありがたい

観光地真横の公園のほとりにバイク用駐輪場が、しかも無料!ありがたい!

高千穂峡 とてもきれいでマイナスイオンがもうすごい!!ってぐらい涼しく癒される場所でした。

このボート、乗ろうと思いましたが長蛇の列!2時間ほどの待ち時間があるようなので諦めました。そして一人で乗るものどうなのかと思ったところです(笑)

小腹がすいた、そういえば朝から何も食べていなかった。
お団子屋さんがあったのでそこで団子を買い食い

どこの屋台にもありそうなお団子屋台です、全国どこでもこの焼き団子見かけますよね。
味はそこまででもありませんが腹の足しに、

小腹も満たしたところで次なる目的地へ向けスタート
ここからは移動距離長め、次なる目的地は日本一のつり橋を目指します

道の駅青雲橋(休憩)

〒882-0401 宮崎県西臼杵郡日之影町七折8705−12(MAP)

ご当地サイダー宮崎ライチ地サイダー!まぁマイ美味い!ライチの風味がすごくいい!
バイクを眺めながら飲んでいると、バイカーさんに話しかけられ、写真を撮ってもらいました。

こうしてみるとバイクが装備品合わせるとすごくデカい、、
九州の田舎の高齢ドライバーの運転は恐ろしいから気をつけろと助言をいただき出発

高千穂からかなり遠い目的地を設定してしまったのかかなりの移動距離、遠い、、内陸部をひたすら走っていたがついに海が見えた、

道の駅日向

道の駅日向

〒889-1112 宮崎県日向市幸脇241−7(MAP)

海沿いにある小さな道の駅、中は、結構充実しているお土産物屋さん、地域の食べ物などが置いてある。やはり宮崎に来たら炭火焼の鶏を食べたい、道の駅店内にはかなりの宮崎地鶏とマンゴー推しのラインナップ、腹も減ってきたので変な組み合わせですが、炭火焼の鶏とマンゴードリンクを買った。

休憩を終え出発、キャンプツーリングにおいて、タオルは濡れたまま持ち運ぶわけにはいかないので常にバイクのネットに釣るし乾燥させながら走る。

目的地まで約80キロまだまだ長い

走ること1時間半ようやく到着

綾の照葉大吊橋

〒880-1303 宮崎県東諸県郡綾町南俣大口5691−1(MAP)

いや~遠かった!マジで!!遠い!!山の中ひたすら走り続けた、これは遠すぎる、、、
平日ということもあって駐車場はガラガラ車4台しか止まっていませんでした。

この橋入場料がかかるみたいなので入場料350円を払い中へ、この橋を渡って何か先にあるのかと思ったら、、何もない、、、まさかのつり橋のみの観光地橋の向こうには祠があるだけ、観光資源が何もないからつり橋を作った感じですね、、高千穂峡を見学した後だったのでちょっとがっかり、山の中2時間ほど走ってきてこれはちょっと、、橋の渡る手前と向こうにスタンプがありちょっとだけスタンプラリーみたいな、、不思議な観光スポット、、ちょっとパンチに欠ける、、

苦労して走ってきたわりに、、、って感じのスポットだったなぁ。。

今日の予定はすべて終わったのでキャンプ場探しへ、この近くにキャンプ場があるらしいのでそこへ行ってみることに、

橋からは走って数分だったと思う 川中自然公園が近くにあります、

大自然の中のキャンプ場という感じの場所です、ここでキャンプをしようかと思ったのですが、晩御飯を買い出しに行ける場所が近くにない、そして圏外、、やむなく断念、途方もない山道を進む道を選びました

車一台が通れる幅の山道をひたすら進みます、、ところどころ圏外になるのでこの道が本当に正しいのか不安になりながら、、、走ること30分ようやく大きな道に出てきました。

この観光地にはいかないことをお勧めします、、山道を楽しみたいならいいと思いますが、細い山道対向車来るし、地面は落ち葉がたくさん落ちてるし、楽しめる道ではないと思います。

かなりの道のりを走って小林市という町まで来ました、、遠かった、

ようやく山道を抜けたコンビニにて今日のキャンプ地を検索

今日のキャンプ地は”えびの高原 キャンプ村”決定し予約を取りました、そしてスーパーも検索し早速向かいます。

キャンプ場へチェックインすればもう戻ることはできないであろう山の上のキャプ場にしたので近くのスーパー まちなか松栄 というところへ

このスーパーが意外と品ぞろえよくいろいろな地域の物もあり楽しいスーパーでした。

ここからの距離もそう遠くない!

と思ってバイクを走らせていたのですが、、、まさかの通行止め!!

エビのスカイラインは通行止め

火山ガスの影響で通行止めの路が、、、息を止めてバイクで走ろうと思いましたが(笑)遠回りします

時間ロスをし結局1時間ほどかかり夕暮れ間近で到着

九州ツーリング3日目終了 

えびの高原 キャンプ村

〒889-4302 宮崎県えびの市末永1470(MAP)

コメント

タイトルとURLをコピーしました