キャンプに適した石油ストーブの種類と選び方とお勧めストーブ4選

アウトドア

冬が近づきキャンプでの暖房に石油ストーブ導入を考えている方おられると思います、インスタなどでもすでに石油ストーブ買っている方も多いと思います。
なので今回は石油ストーブの種類と選び方など参考にしてください。
キャンプで使える石油ストーブと言うことで今回はお話しします 、なので同じ石油燃料でも石油ファンヒーターは除きます

キャンプで使える石油ストーブの種類

反射式石油ストーブ

このような四角形の形をしており燃焼部分に銀色の反射板をつけて熱を正面に伝えるタイプです、
最近はカラーもかっこいいグリーンもあるようでキャンプで使う方を狙ったカラーですね、
熱を前面に伝えるのでソロキャンプにお勧めです。

反射式石油ストーブのメリット

・燃焼部分背面に反射板があるので熱を効率よく正面に伝えることができる。
 ソロキャンプにお勧め、テント隅においても背面は熱くならないので便利

・形状が四角形なので、キャンプ場までの持ち運びの車内積載がしやすいせ

・燃料タンクが取り外せ給油が簡単に行える。

・値段が安い(画像左の石油ストーブで1,5000円(税抜き)
 対流式に比べ半額以下の商品が多い

反射式石油ストーブのデメリット

・やっぱり見た目がダサい

・温かい方向が正面なので大人数だと真ん中に置けない

・本体内部の石油が揺れや傾きでこぼれる、キャンプ場への移動で灯油は完全に抜いてないと結構こぼれてる

対流式石油ストーブ

出典:トヨトミ

キャンプストーブの代表的なストーブですねインスタなどでも多くの方が使われているのがこの形

キャンプでの映えもよく、炎がとても美しくガラスに反射し本当にレインボーに見えるんです。シンプルなデザインでいいですね。

そしてキャンプ向きストーブでは安いほうの値段に入りますね、導入が手軽です

360度どの方向からも温かいのもおすすめ。

対流式石油ストーブのメリット

・360度どの角度どこからでも温かい、(その分分散される)

・デザイン性に優れおしゃれで映えるまさにキャンプ向き

・タンクが本体下部にあり石油を入れっぱなしでもこぼれない(これ重要)

対流式石油ストーブのデメリット

・値段が高い。(反射式ストーブの倍以上の値段設定。

・灯油がなくなると、室内、で給油をするかストーブ本体をもって別の場所で給油を行わないといけない。

・形が歪なため車への積載に気を遣う、

・ガラス面が多いためこれも取り扱いに気を遣う

お勧めの石油ストーブ

トヨトミ  RS-GE23  GEAR MISSION(ギアミッション)

出典:トヨトミ

2019年度トヨトミの新シリーズであるGEAR MISSION(ギアミッション)シリーズの反射式石油ストーブ、
反射式石油ストーブの欠点、おばあちゃんちにありそうなダサいデザインを一新するかっこいいカラーリングキャンプにも使えそうなコンパクトでかっいいデザインですね、
でもちょっと値段設定が高いかも

デザインとコスパ優先って方ならお勧めしたい一台

 

コロナ RX-22YA(HD)

とにかくコスパ優先、とにかく安い、なのに暖かさは他のストーブと変わらず
キャンプに使うんだから安くて十分!野外で使用し、車で移動し、積み下ろしが多いので移動が多いので室内で動かさず使うよりはやっぱり痛みます と言う方にはおすすめです

 

トヨトミ レインボーストーブ

定番中の定番 キャンプ、アウトドア、などのインスタで一番みかけるやつです、
デザインも可愛く美しい、何よりランタンの様に明るく周りを照らすのでランタン代わりにもなる明るさ、

多くのカラーやデザインがあるので個性を発揮できますね、キャンプスタイルに合わせて選ぶのも楽しそう。

 

 

 

 

 

アラジン  Blue Flame Heater (ブルーフレームヒーター )

変わらない品質と伝統の青い炎。
80余年もの間、少しずつ改良を加えながらも、基本的なモデルチェンジのない完成されたフォルムと性能。愛され続ける永遠のスタンダード「ブルーフレームヒーター」 。

おしゃれ、ただその一言ですね、可愛い、可愛い可愛い、本当にかわいいデザインです、ただ、高い、、、高すぎる、手が届かいよぉ。。って感じですね

正直に言えばアラジンの石油ストーブがほしい、、めっちゃ可愛いよなぁ。。ほしい、、

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました