北海道キャンプ6日目 ~アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場

2016年北海道ツーリングキャンプ

最南東、襟裳岬から走ること40分今日のキャンプ地へ到着

アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場
〒058-0004 北海道様似郡様似町平宇479(MAP

大人600円
子供(小、中学)400円
スクリーンテント・タープ  1張り 300円
お風呂 宿泊施設「アポイ山荘」で日帰り入浴可能。
大人500円 小人200円(小学生)

管理棟で受付し料金を支払いテントにぶら下げる札をもらいます。

サイトは下地が砂になっているサイトと芝生になっているサイト二つに分かれている

砂利サイトはバイクを乗り入れてもいいとの事

芝生サイトは乗り入れは禁止だが、台車があり荷物を運べる

駐車場には台車があり多い荷物も運びやすい

今日は芝生サイトにテントを張ることに、

昨日のキャンプでは大雨の中撤収をしたのでテントはずぶ濡れ、濡れたテントを広げる

北海道ツーリング最後のキャンプだ、北海道を一週間キャンプをしながら回ってきたが、いつも夕暮れぎりぎりまで移動をするためいつもキャンプ場に到着するのは夕暮れ間近、いつも早めにキャンプインを、、と心がけてきたがそうはいかず、寄り道ばかりしているとこんな時間になる

おかげで多少暗くても、手探りでテントを設営できるようになった、簡易な設営のテントなのでそこまで苦労はないがだいぶ手馴れてきた設営後の荷物の配置や、寝るときの自分のポジション、荷物位置など定位置が決まってきており、

設営→風呂→食事→就寝までがかなり早くなったのは進歩だ

テント設営後、着替えをもってすぐ隣のホテルへ日帰り入浴をしに行く、

アポイ山荘

温泉は清潔で サウナ、ジャグジー 、露天風呂までありそれでいて500円と安い風呂を出た後には休憩スペースがあり、だらだらと疲れを癒すことができる、食堂もあるため食事をとることもできついつい長居してしまいそうだ。

北海道の温泉はどこも安くそして眺めがいい、少し残念なのはここの温泉は天然温泉ではない、

温泉を出たのち、休憩スペースでアイスクリームを食べながらだらだらしながら 周囲を見渡すと平日にも関わらず、多くの利用客で賑わっている、

宿泊客か?登山客か?とも思ったが、小さな子供がいる家族連れ、や老夫婦でにぎわっており、その会話を聞くと北海道弁や普段聞きなれているイントネーションと違い違和感がある。 とどうやら地元の方が大多数の利用者らしい。

このままこの場所で寝てしまいたいと思いながら温泉を後にした

まだ9月とはいえ北海道、少し肌寒い。

今日はどこも買い物できる場所がなく、甘えびの直売所で買った
エビ塩ラーメンを食べた、これが、袋麺とは思えないぐらい、スープがうまい、もっと買っておけばよかったと後悔。
夜はかなり冷え込んでいる早めに就寝し

翌朝

最終日ということでテントを乾かす

今日の撤収はもう、船に乗船できる様、必要なものを上側にもう使わないものを奥のほうに、そして、雑に入れていたものや、クッカーやコップを念入りに洗う

  • 料金  ★★★☆☆ (利用料金は平均的なお値段)
  • 眺め  ★★★☆☆(山々を眺めることはできる)
  • トイレ ★★★☆☆(トイレは比較的綺麗)
  • 水場  ★★★★☆(綺麗で利用しやすい)
  • 風呂  ★★★★★(温泉が併設500円休憩所や食堂もあるので便利)
  • 総合  ★★★★☆ (芝、砂利、バンガローとありいこれこそキャンプ場!という感じ小川も整備されており家族連れにお勧め)

コメント

タイトルとURLをコピーしました